人気ブログランキング |

お経のリズム

世の中は3連休の真っ只中だというのに
まったく3連休じゃないハードな日々を送っているかおりです、こんばんは。
昨日はサークルに一日中拘束。無理を言って早めに帰らせてもらったけれど
それでも家に着いたら23:30。
で、今日は4時間睡眠で7:10羽田空港発の飛行機に乗り、富山へ。
おじいちゃんの七回忌。
富山市内をあちこち移動し、夕方の飛行機で再びこっちへ帰る。
(ちなみに帰りの飛行機はポケモンジェットだった(笑)!!)
そして明日は祝日だというのにうちの大学は学祭休暇の振り替えってことで授業!!
しかも1限から。その後サークル。
全然3連休じゃないじゃん、コレ!!

で、七回忌法要のお話。
私自身は普段は宗教とは縁遠い日常生活を送っているんだけど
一応家としては浄土真宗なのでそういう形式の法要で
住職がお経を唱えて下さったわけですが、
お経って全然私には意味がわからないけれどすごく味わいがあるよなぁ~と。
お経そのものの言葉の響きも美しいし、
2人で唱えて下さったから声の響きといいハモリといい美しいし…。
あとお経って音楽的に分析(?)すると基本的には4拍子
(たまに変拍子になって5拍子や6拍子になるけど)なんだね!!
で、1アタマで拍子木(? クラベス(笑)!?)を叩くんだね!!
このお経のリズム感と響きを美しいって思えるのは
きっと日本人のDNAにそういうのが美しいと感じられるように
組み込まれているんだろうなぁ~なんて思ったワケです。
前にサークルの先輩が「うちらがクラーベを聞くと3-2だとか2-3だとかに聞こえるけれど
現地の人にとってはそれが自然なリズムに聞こえるワケで、
いくらうちらが本場のラテンを再現しようとしてもそれは日本人がやるラテンにしかならない」
みたいなコトを言っていたんだけど(内容うろ覚えだからちょっと違うかも?)、
なんていうのかなぁ…その日本人独特の美しいと思える感覚というか、
まあラテンを演奏するにしても何にしても
日本人が表現する○○って部分を大切にしたいよなぁ…などと意味不明なコトを
お経を聴きながら足のしびれに苦しみつつ考えていたワケです…(爆)。
まったくおじいちゃんのためのお経だというのに何考えてんだか、自分…。。。
でもまあこうやってごく身内だけとはいえ親戚に集まってもらって
美しいお経をあげてもらえたんだから幸せだよね、おじいちゃんは!!ってコトで…(汗)。。。

それにしても田舎の親戚づきあいは疲れる…もうこりごりじゃよ…と
親戚とは離れた都会育ちの私は思ったのでした…(苦笑)。。。

by kaori-Ux_xU | 2005-10-09 23:36 | thinking