人気ブログランキング |

カテゴリ:me( 36 )

消去法で考える将来

あっという間に夏は過ぎ去り、もう10月。
ブログを書いていなかった間にもゼミ合宿があったり韓国へ行ったり
サークルの合宿があったりといろいろあったのですが。
学校が始まった途端、10月ってこともあり、周りは就活モード。
夏に何もしていなかったツケが…。。。

火曜日は授業をとってないけど、就活セミナー×2のために学校へ。
そのうち1つは自己分析についてのセミナーだったんだけど、なんだかなぁ…。。。
How to本を書いているバリバリの就職コンサルタントが講師だったんだけど、
結局「求められている人材」っていうタイプにあてはまるような自分になり、
それにふさわしい根拠ある経験をPRするか?ってことなのか!???
なんかなぁ…納得出来る部分もあったけど、
すべてを受け入れる気にはなれなかったなぁ…。。。

まだ真剣に就職のことを考えているワケじゃないけど、
ネガティブ思考というか消去法でしか就職や将来のことを考えられないんだよね。
自分はこういうタイプだからこの職種は向いていないとか、
こういう理由であの業界は行きたくないとか。
その「こういうタイプ」っていう自己分析も、思いつくのは悪い面ばかりだし。
そもそもなんで働きたいのかも私の場合消去法なのかもしれない。
確かに自立したいっていう肯定的な理由もあるけれど、
なんでバリバリ仕事をしたいのかって考えると、
子どもが欲しくないからそうなると仕事を頑張るっきゃないってことになるとか、
仕事以外の面で夢や目標がないから
仕事にやりがいや目標を見出したいし仕事を通して自分を成長させたいとか、
否定形からしかアプローチ出来ないんだよね。
「あれはやりたくない」「これもやりたくない」で絞っていって
残ったものから「じゃあこれでいいか」で選ぶんじゃなくて、
同じ選ぶなら「これがやりたい」で選びとりたいし、
そうでなかったらきっと「御社が第一志望です」って自信をもって言えないだろうに。

本当は将来のこともじっくり考えたいけれど、
今はライブラッシュのバンドも頑張りたいし、
もちろん学校の授業もあるし、バイトだって頑張りたいし…。。。
「あれもある」「これもある」で先送りにしていたら、いつまで経っても何もしないんだから、
何も考えないで何もしないよりは
ネガティブアプローチでも考えている方が多少は前に進めているだろうってことで
とりあえずはそれでいいことにしているけれど。
でもなぁ…一生を決めるような岐路だから、
消去法じゃなくてちゃんと選び取りたいよなぁ…。。。

by kaori-Ux_xU | 2007-10-03 04:17 | me

後悔だらけの春休み

どうにもこうにも実のない日々を送っている今日この頃。
完全昼夜逆転、毎日パソコンに貼り付いているばかり、
肝心な簿記の勉強も、ツンドクになっている本の山の退治も、
自己分析も、個人的にやろうとしていたハズの研究も、全然進んでいない。
そして一番うまくいっていないのはバイト探し。

3月はインターンがあるから暇な2月のうちにがっつり稼いで…と思っていたのに
そんな計画はどこへやら、全然稼げていないのです。
というのもそもそもバイトが決まらなくて…。
3年生になったら否が応でもほとんど大学は夕方~夜だし、
接客以外の仕事もしたいし、せっかくなら将来につながりそうなことをしたいし…
なんて思って事務系のバイトを探しているんだけど、
なかなかいい条件のバイトが見つからないし、
見つかっても選考に時間がかかる上に落ちるしで、もう踏んだり蹴ったり。
今までもその繰り返しで、結局いつまでもバイトが決まらないのがイヤになって
妥協して接客業を選んだことはあったんだけど、
なんせ今回ばかりはもう就活まで1年を切った2年生の終わりってコトもあって
長期でじっくり働くには最後のチャンスだと思うので
妥協したくないし、妥協するワケにはいかないんだよね…。
なんだけどなぁ…そうこうしているうちにインターンの時期が迫ってくるし、
インターンが終わったら春休みが終わっちゃうよ…。。。
(でもそのインターンも詳しい日程がまだわからない!!ぬぅぅぅ!!!)
あ~、せっかくの2年生の春休みなのに遊べないし稼げないし何も出来ないしで
終わっちゃうのかなぁ…?
まだ1ヶ月半以上も春休みは残っているハズなのに
既に後悔だらけの春休みで終わってしまう気がしてしょうがないです。



なんか最近、いろいろ怖いんだよね。
自分だけいろんな人から取り残されて置いていかれているような気がしちゃって。
完全に自分の軸足を見失っちゃってるし、考えることから逃げちゃってるんだ…。

さっきとある就労支援関係者の方のブログで
ヤングジョブスポットが厚生労働省の方針で閉所することになったことを知って、
居場所としてのYJSのニーズは絶対にあるし、なくしちゃいけない居場所だと思うから、
国の補助がなくてもそういう居場所を維持していって欲しいし、
そういうことを考えている就労支援関係者の考えには共感できるって思ったけれど、
だからといってそれに関わりたいとは思えない自分に気づいて、
私の関心って一体どこにあるんだろう?って思った。
今の大学に入る前はフリーターとかニートとかに関心があって、
1年生の頃なんかはYJSにもお世話になったし
就労支援に携わるいろんな方の話を伺ったり本を読んだりもしていたハズで、
ゼミに入る志望理由書にもそんなコトを書いたハズだったんだけど、
もしかしたらもう私はそういうテーマには興味がないのかも、
ただ単に物見遊山的に興味があっただけで
その問題に対してどうするべきか真剣に考えアプローチする気は
ないんじゃないか、って気がしてきた。
だとしたらなんて薄情な奴なんだろうね、私。

ゼミでも、最初なのにマネージばっかりやっていて、
それはそれで勉強になるしやりがいもあるんだけど、
マネージの観点からしか考えることが出来ていなくて、
プレーヤー的視点を完全に見失ってしまっている。
私が本当に知りたいことって何なんだろう?考えたいことって何なんだろう?
私はこのゼミでどうしたいんだろう?このゼミで本当によかったのかな?

でも、私って甘えられないんだよね…。
他の人に迷惑かけたくないし、負担を重くさせたくないから、
自分で背負い込んじゃう。
まあなんとか背負い込んだものはこなすから
なんか「こいつは出来る!」みたいに思われちゃうらしいけれど、
精神的にはそれなりに削られてるんだよ…みたいな…(苦笑)。。。
今就活中で大変な3年生の先輩とか前のサークルの人とか先生とか
いろんな人が見てるってコトを意識しちゃうと
あまりこういう弱音というか鬱っぽい話を書けないって思っちゃって
ますます自分の中にためこんじゃうんだけど、
メールや電話で誰かに愚痴ったり相談したりすることも出来ないし、
私が弱音を吐けるのは結局ココしかないから
ココに吐き出しちゃってもいいよね…?
なんてココだけで甘えてみるバレンタインデーの明け方。
もちろん今年もチョコを贈る相手はいましぇーん(涙)!!

by kaori-Ux_xU | 2007-02-14 05:51 | me

“空気”の正体

こんばんは。
既に春休みな方はどんな春休みをおすごしですか?
私は?というと、すっかり昼夜逆転、
寝るかネットするかゼミ合宿に向けての勉強をするか簿記の勉強をするかで、
たまに飲みに行ったり野暮用で出かけたりはしているけれど、
ひきこもりチックな日々で鬱になりそうです…(苦笑)。。。
誰か助けて~(笑)。。。

ゼミ合宿の事前勉強で見ておきたいビデオがあるんだけど、
ずっとここ数日探しているのに見つからなくて困ってます。
まったく私、どこにそのテープを置いたんだろう?
まさか引越しの時に捨てちゃったのかな?
とあるシンポジウムの時にいただいた資料とメモも探していて
そっちは今日見つかったんだけど、
まったく整理整頓を怠って散らかった部屋で生活しているツケだよね。
ダメだなぁ~、モノも日々の出来事も、
ちゃんとその時々で整理整頓しないとね…。
せっかく手に入れた財産もゴミの山に埋もれちゃう。

ゼミ合宿で読む本の中に出て来るとある方に
私は昨年度の某ゼミ形式の授業でゲストとして来ていただいて
お話を伺ったことがあるんだけど、
お話を伺った後にゼミ生全員が書いた感想文を集めたプリントを久しぶりに読んだ。
で、今になって初めて気づいたんだけど、
私がその時書いた感想文っていうのは、
別にゲストの方が直接ゲストとして授業にいらっしゃらなくても、
おっしゃった内容をすべて文章としてまとめてある本だとか記事を見れば
書けてしまうような感想文なんだな、って思った。
つまり何が言いたいかというと、私がその時書いた感想文っていうのは、
そのゲストの方の発言の“内容”だけでまとめた感想文だったんだよね。
だけど、他のゼミ生の感想文を読んでいると、
ゲストの方の表情や語り口、見た目や慎重に一言一言を選ぶ様など、
非言語的な部分からもそのゲストの方の人柄やメッセージを読み解いて
感想文にまとめている人もいた。
そのことにふと気づいて、
「それじゃ生でお話を伺う意味がないじゃん」
(=それくらいのことなら生じゃなくても本からでも学べるから)って思ったし、
「あー、そこが私の弱みなんだなぁー」って思った。

よく「空気が読める、読めない」って言うけれど、
その“空気”の正体ってそういうものだと思うんだよね。
人間って言語だけで感情を表現するわけじゃない。
表情だとか声色だとかしゃべるスピードだとか語り口だとか
身振り手振りだとかちょっとしたしぐさだとか、
いろんな形で感情を表現している。
時にはオモテに感情を出さずに押さえ込んでいることもあるから、
そういう部分まで見抜かないといけない。
そういった人と人との交わりあいの中でどれだけの情報を読み取れるかが、
空気を読めるか読めないかってことなんだろうね。

私は空気を読むのが苦手なタイプの人間なんです。
接客業のバイトをしていた時も、
お客様の表情や様子からお客様の心情を読み取るのが出来ていないって
ずっと言われてきた。
空気が読めないから空回りしたり、相手の感情を逆なでて反感を買ったり、
そんな繰り返し。
いい加減成長しないとね、自分…。。。

by kaori-Ux_xU | 2007-01-30 03:18 | me

形あるものとして残す

さっきお風呂でぼーっとしていたらふと気づいたコト。



私は中高4年間テニス部だったんだけど、
高2の11月に引退する時に、むなしさを感じたんです。
「たとえば新聞部の人は、自分たちが活動してきた証が
 新聞という形ある作品で残るけれど、
 テニス部の私にはそういうのってないよなぁ…。
 思い出はたくさん出来たけれど、なんかむなしいなぁ…。」って。

もちろんテニスだって、たとえば大会で優勝すれば
賞状やトロフィーといった形で残すことは出来るし、成績だって残る。
でもそれってただの結果にすぎないような気がする。
新聞部員にとっての新聞も、取材から初稿を書いて
そこから何度も推敲を重ねた上での結果であるといえばそうなんだけど、
やっぱり性質が違うような気がするんだよね、テニス部員にとっての成績や賞状とは。
まあそんなコト以前に、うちの中高のテニス部は弱かったし、
私なんてその中でも補欠の補欠みたいなどうしようもない乱打要員だったので、
試合もほとんど出てなかったんだけど…(爆)。


そんなコトは全然意識していなかったんだけど、
気がつけば、2年の前期から学部の広報誌の編集に
学生編集部員として携わっていました(笑)。
で、今頃になってそんなコトをかつては思っていたコトを思い出しました。
う~ん、不思議なもんだ。

実際に学部の広報誌に記事を書くようになって、
自分が書いたものが形になって、多くの人の手に届き、
影響力を与えてる実感や喜びっていうのは感じてる。
オフィシャルなものだし、自分の記事にはちゃんと名前も入るから
責任の重さやしがらみも感じるけどね…。
とはいえあくまでも読むのは学部の関係者だけだから
そこまで大きなメディアでもないけど。
(と思ったけど、正確な発行部数は知らないけれど、
読んでる人数って1000人は軽く超えるなぁ…ひょえぇぇ~。。。)


で、さらに未来のお話。
私が今、デベロッパーって職業に憧れているのも、
「形あるものに表したい」って思いによる部分もあるのかな?って思った。
自分の考えた計画が、ショッピングセンターっていう形で表れるからね。
それは形あるものとはいえ、
新聞や広報誌とは違って、変わることなく半永久的に残るものではなく、
上書き保存のように常に変化させ続けないといけないものだし、
変化させ続けないと残せないものだけど。
でも新たに新作(=新しいショッピングセンター)を増やすだけでなく、
既存のものも上書き保存しないと残せないって部分も
その仕事のおもしろさだと私は思ってる。


そんなワケで、私にとって「形あるものとして表す・残す」っていうのは、
大切な価値観なのかなって気がした。

by kaori-Ux_xU | 2007-01-24 02:26 | me

また空回り…

「私、また空回りしてるな…。。。」ってものすごく不安になる。
いつもこういうパターンなんだよね…。

「絶対に負けたくない、やるなら完璧にやりたい」って思いが強いんだよね。
で、そんな自分と張り合ってくれる存在や一緒に手を取り合える存在、
または手が届きそうだけど届かないくらいの存在が同じフィールドにいれば、
そういう不安は起こらないし、「負けたくない」の一心で頑張れる。
なんだけど、自分が起こそうとしている渦に
うまく仲間を巻き込むコトが出来ないと、ものすごく不安になる。
「このまま私は孤立しちゃうんじゃないか…」とか
「一人じゃ私、走れないし、走る意味がないよ…」って。

この間先輩は「すべてをかおりがやろうとして抱え込まなくてもいいんだよ」って
言って下さったけれど、
動いていないものを「誰も動かしていないから…」って見過ごすコトは
私には出来ないし、
そうなるとあれもこれも私がやらなきゃ、ってなっちゃう。
他の人がやっていて、自分が何も関われずに見てるだけっていうのも、
それはそれで悔しいし、嫉妬しちゃいがちだから
何でもやっちゃうって側面もあるんだけど。
本当は私は、リーダーとか幹事とかは苦手で
そういう人をそばで支えるポジションの方が向いていると自分では思ってるんだけど、
私が動かないとどうにもならないのかな、って思って動き出すと、
案の定空回りになっちゃうんだよね…。
どうしてうまく周りを巻き込めないんだろう?
私の人間性の問題?とか考え出すと人間不信に陥りそうで怖いんですが…。。。
うーん、モチベーションのマネージメントってやっぱ難しいよなぁ…。。。

今は本当はスタートの時なのに、私はフライングしちゃっていて、
でも本当はここで一旦リセットしてみんなと同じスタートラインに立つべきなのに、
ちゃんとリセット出来ていないのが、たぶん根本の原因なんだよね。
天狗になりすぎてるんだ、自分。
実際には天狗になって十分なだけの実態は何もないのに…。虚構の鼻なのに…。
もっと謙虚になろう。
そうでなきゃ吸収するモノを吸収出来ないし、成長なんて出来やしない。
すべてが新鮮に思え、切磋琢磨出来たあの頃のように…
うん、キーワードはスポンジ!

by kaori-Ux_xU | 2007-01-21 03:25 | me

志望理由書作成の合間に

このブログに何度かぼやきを書いては消し…って繰り返してるけど、
相変わらずゼミの志望理由書が書けません(爆)!!
正確に言うと3割くらいは書けてるんだけど、そこで止まっていて、
肝心なゼミで学びたいことやどのような問題意識を持っているかについてが
書けていないというどうしようもない状態…。。。

そもそも私はどうやってフリーターやニートといった
移行期について関心を持つようになったんだろう?っていうのがよくわからなくて、
久々にこのブログの前身の日記を読んでみた。
結局肝心な知りたいことっていうのはわからなかったんだけど、
久しぶりにあの頃の文章を読んでみて、
やっぱり私は変わったんだなぁ、って。
なんてったって前の大学の1年生の夏休み(=2002年7月)から書いているからね。
4年半も経つのか…。。。

昔の方が今と比べてずっと真剣に自分自身と向き合ってた。
でもエネルギーが内へ内へと向かってるだけで
何も周りが見えていなかったし、見ようともしてなかった。

私は前の大学を1年通って辞めてから
今の大学に入るまでの2年間フリーターだったけれど、
そして今は大学生をやってるけれど、
私はものすごく恵まれてるケースなんだよな、って改めて思う。
そもそも私のフリーター生活っていうのは、
親にそれなりの稼ぎがあって、
実家でぬくぬくと親のお金に頼っていたから成り立っていたし、
脱フリーターに成功して今の大学に入れたのも相当ラッキーだったし、
今の大学も学費だって生活費だって金銭的には親が全部負担してるし
今でも親に甘えて生活してるし。
ここまで恵まれてるケースってやっぱレアだと我ながら思う。

キャリアデザイン学部に入学してから1年8ヶ月、
授業で学んだことや自分で学んだいろんなことが
最近少しずつ自分の中で結びついてきて、
自分なりに『働く意味』だとか『正社員である意味』だとか
『フリーターだと得られないもの』だとか『大学に通う意味』だとか
いろんなことが少しずつ見えるようになった気がする。
でも、私が前の大学を辞めた頃や実際にフリーターをしていた頃は
わかっているつもりだったけれど、
今思えばそんなこと全然わかってなかった。
本当にまわりが、世の中が見えていなかった。
だからこそ『大学を辞める』って選択が出来た、って側面もあるけれど。

やっぱり私は前の大学を1年で辞めて、そのあとまわり道して、
今CD学部の2年生で、ってキャリアを歩んで、
本当によかったと思うし、こういうキャリアを歩めてラッキーだと思う。
23歳の今でなければ、これだけのものを吸収出来なかった。
本当にめぐり合わせなんだと思う。

あと、サックスを始めたばかりの頃の自分が、
なんか読んでいて微笑ましかった(笑)。
あの頃の方がもしかしたら純粋に感性で楽器を吹けていたのかも?
初めて人前で吹いた『Over the Rainbow』と『酒とバラの日々』なんて
なつかしいなぁ…。。。
録音が残っていないからいいけど、
もしも録音があって、今それを聴いたら「なんじゃこれ!?」ってくらいひどいんだろうけど、
それでも当時は一生懸命だったし楽しかった。
今はその頃の感覚を忘れているかもね?

なんかうまく言葉にはまとめられないけれど、
やっぱり私、このキャリアでよかったって思えた。
当時はつらかったけれど、そして今もつらいことは多いけれど、
当時があったから今の私があるし、
今の私から未来の私がうまれていくんだし。
ホント、私を取り巻くすべてに感謝!!



なんて感動していても、やっぱりゼミの志望理由書は進まないんですが…(爆)。。。

提出期限まであと37時間。
とりあえず1限体育だしいい加減寝ないと…。。。
うわぁ~、今日もまた進展なしで寝るのかよ、自分…(>_<)

by kaori-Ux_xU | 2006-12-07 04:22 | me

自分の醜さ

注:今日の日記は爆弾発言満載です。



なんか最近、他人と一緒にいるコトに疲れる。
…っていうかそれは昔からそうなんだけど、
他人と一緒にいると、自分の醜い部分がどんどんあらわになって
ダメなんだ…。。。
他人と一緒にいると、
相手を見下すって視点で見ているか、
相手があまりにもきらきら輝いていて、優れていて、
遠い目で突き放しちゃって見ているかのどちらかで、
上下や優劣って視点からしか人を見ることの出来ない自分に
ものすごく嫌気がさすし、
他人と一緒にいても、苦しくなるだけで楽しいって感覚が得られない。
だけど、優れている人の話を聞いても
根の頑固さなのかなんなのか、
そんなのを受け入れる気は全くなくて…。
もうホント人間として最低だわ、自分…。。。

そんなワケだから、
まああの日は体調が悪かったからっていうのもあったけれど
ワークライフバランスピクニックにも行けなかったし、
○タリバも行ったけれど私には全然楽しくなかったし、
じじQもこんな調子だからたぶん行けない。というか行かない。
はぁ…マジ終わってるな、これ…。。。

by kaori-Ux_xU | 2006-06-27 13:49 | me

これでよかったのか…?

キャリア体験学習(インターンが単位になる授業)の面接があった。
某インターン斡旋企業のガイダンスでの苦い経験もあって、
私にはインターンをするような熱意も野心もないや、って気がしちゃって、
もともとキャリア体験学習もとる気がなかった。
なんだけど、今年の受け入れ先一覧を読んでいたら
若者の就労支援をしているNPOが受け入れ先に入っていて、
ここだったら自分の回り道してきた経験もいかせるし、
今まで興味を持って学んできたフリーターやニートについても
カウンセリングに関する知識も実践としていかせるんじゃないか?って思ったんだよね。
それでそのNPO一本のつもりでガイダンスも聴きに行ったんだけど…。

なんだけど、私は大学を出てすぐに就労支援の現場へ行く気はない。
実務経験がないのに偉そうにアドバイスするのはイヤだからだ。
だから一般企業にまずは就職したいと思っている。
とはいえ、業種もどんな仕事がしたいのかも全然決められていないし、
一般企業というのはどんな場でどんなコトをしているのかといった実態も
全然わかっていない。
だから一般企業へキャリア体験学習で行く方がかえっていいんじゃないか?って気も
だんだんしてきて…。

今すぐ行きたいのは就労支援のNPO。
でも自分にとって行く必要がある場所は一般企業。
ましてや実習に行くのはどっちにせよ春休みなのでかなり先。
今から春休みまでの間に考えが変わるかもしれないし…。。。
今決められるワケないじゃん!!えーい!!!

と、勢いだけで(爆)書類は第一希望:就労支援のNPO、
第二・第三希望:人材育成系の一般企業で提出したのですが…。。。
とはいえ、結局迷ったまま考えをまとめきることが出来ず、
面接でも正直に迷っている話をしたのですが…

「ある程度想像がつく所よりも知らない所へ行く方がいいですよ」と
あっさり先生によって一般企業へ行く方針に。
とはいえ、第二・第三希望で出した一般企業は
面接した先生とは別の先生が担当の受け入れ先なので、
その先生と相談して、希望者の数に余裕がないと受け入れられないし、
第二希望も第三希望も無理な場合は第一希望のNPOに回されるらしいけれど。
でも今年は応募者が少ない上に、夏休みの方がたぶん希望者は多いから、
一般企業で確定なんだろうなぁ…。。。

なんか私にしてみれば、これで本当によかったのかなぁ…?って気分。
そう思うってことはやはりNPOに未練があるってことなのか?
でも先生がおっしゃる通り、NPOはある程度想像がついてしまうワケで、
知らない世界を知るべきって気もするし…。。。
なんてったって行くのが春休みだからなぁ…どうなるのかわからない。

行きたいと思う所へ行くべきなのか?
自分にとって行く必要がある所へ行くべきなのか?

はたまたどちらへ回されたとしても、
たとえ自分が全く希望していない所に回されたとしても、
とにかく目の前の仕事に一生懸命になれ、ってコトなのか?



う~ん、わからん!!

by kaori-Ux_xU | 2006-05-21 04:48 | me

輪の中心にいるか、外側にいるか?

なんか最近いろんな人と何をやっていても
どこか輪に入れていない感を感じている。
常に自分のいる場所は輪の外側で、
中心に入って動けていないような感じがするんだよね…。。。
いろいろ首をつっこみながらもどこか引き気味だったり、
今までずっとやっていることに対しても
ビミョーに距離をとっている感じがあったり…。。。
中心には入らずぶらさがって
中途半端に甘えてばかりいていいのかな?って気も
どこかではするし…。。。
どうなんだろう?ひょっとしたら今は
いろんなものから距離を置くことによって、
本当に輪の中に入っていくべき場なのか
輪から完全に身をひくべき場なのかを見極めて、
取捨選択をしないといけない時なのかなぁ…?
それが自分にとっていい選択なのかどうかはよくわからないけれど…。

その一方で、こうやって輪の中心から一歩距離を置いて、
外側から冷静に物事を判断出来ることが、
逆に私の強みなのかな?って気もどこかではする。
だからたとえば就職するのでも、就職先がパンの会社だとしたら、
自分はパンを作ったり新商品を開発したりするような
会社の中心的部分にいるべき人間ではなくて、
人事だとか総務だとか、中心にいる人をサポートするような
立場にいるべき人間なのかなぁ?って気もする。

ただ自分が潜在的に本当に求めていることが
輪の中心にいることなのか、
輪の中心から一歩身をひいたところでサポートすることなのかは、
私にはわからないんだけどね…。。。

by kaori-Ux_xU | 2006-04-26 12:45 | me

チャンスをつかむ

↓で踏んだり蹴ったりって書いた水曜日だったけれど、
終わってみればなかなか充実した一日だった☆

3年になったらゼミをとりたいと思っているU先生の職業選択論、
今日はUゼミの4年生の先輩がゲストで来て下さって、
入学した頃から就職活動中or就職内定後の現在に至るまで、
どのように自分の中での働くことに対する価値観や興味が変遷していったかや
就職活動の中で感じたことなどを話してくださった。
やっぱり4年生の先輩ってうちの学部の1期生でうちの学部を作ってきた方たちだから
ものすごくパワフルだし、言葉に説得力がある!!
今の私たちが経験していることと同じ道を通ってきているから
親近感もわくし、共感できる!!
そして言っている内容も素晴らしいけれど、ゼミで鍛えられたものなのか
相手に伝える力、訴える力、プレゼン能力がすごい!!
やっぱり違うわ…経験値って奴ですね、これが…。。。

なんかでも自分も到達点は全然わからないものの、
入学した頃から今までの間に興味のベクトルは少しずつ動いているんだけど、
先輩も同じように動いてきた末に内定に辿り着いたっていうことを知れて
ちょっと安心したというか、自分にも出来ないことはないし、
今の私がやっていることは決して間違ってはいないよな、って思えた。
でも先輩も言っていたように目の前にあることをやってみるってことは
今の私は出来ていると思うんだけど、
いくつか手を出しつつもすべてが受身で中途半端になっているのがジレンマ。
ま、同じコトを昼間も↓に書いたからこれ以上は書かないけれど…。。。

終わった後も何とか先輩に顔を売り込みたくてもっと刺激を受けたくて
次の時間も私は授業があるというのに先輩とお話させてもらったんだけど、
なんか言いたいことも聞きたいことも自分の中でまとまっていないというか
はっきりしていなかったし、
せっかくのチャンスをうまくいかせなかったのがもったいないよなぁ…。。。
う~む…。。。


そうそう、あと昨年度後期のアイデンで作ったポートフォリオを
講評と一緒に先生に返してもらった。
私は自己分析をやったんだけどね。
先生の講評もわりといい評価で、成績もよかったんだけど、
自分としては正直ポートフォリオを提出した後、
春休みになってからもっとああすればよかったとか
分析が甘かったとかいろいろ出てきて…。。。
今だから明かせる話なんだけど、実は私、ポートフォリオはかなり手抜きで、
このブログや前身の日記からかなり写したし、
提出直前になってからまとめてバーっと書いたからいい加減な上に誤字も多いし、
情報量も不足状態だったし、手法的にも工夫がなかったし、
心境的に自己をみつめられない状況になっちゃって
2ヶ月以上ポートフォリオを取り組まなかった時期もあったし…。。。
だから先生はいい評価を下さったけれど、私の中には申し訳ない思いもあるし、
不完全燃焼感がなんかあって…。。。
たとえば春休みの2ヶ月がポートフォリオ制作期間としてプラスであれば
もっと深みのある作品を作れたと思うんだよね…。。。
本当は自分ひとりでもこういう作業にちゃんと取り組めればいいんだろうけれど、
私の場合絶対怠けと甘えが生じて続かないし、
評価してくれる人がいないとやっていても意味を見出せなさそうだし…。。。
なんか自主ゼミ的なことでも出来ればなぁ~って思うけれど、
仲間も犠牲にしなきゃいけないものも必要だし…。。。


何かやりたいって思いと焦りはあるんだけど、
どう動けばいいのか、どこへ動けばいいのか全然わからず、
もやもやは募るばかり…。。。

でも意地の悪い見方かもしれないけれど、
この時期って1年生は入学したばかりで不安でいっぱいだし、
4年生は就活シーズン真っ只中で忙しいし、
2年生ってなんだか一番構ってもらえないような気がする…。。。
先生にも、アドバイザーさんにも、先輩にも…。。。



なんか話がとびとびで全然まとまらないんだけど、
昨日うちの学部ではないとある先輩と
全然キャリアとは関係ない話題でメールしていたら、
「何事も、チャンスはつかもうとすれば案外転がってるもんだけど、
つかもうとしない人が多いと思う」ってメールに書かれていて、
全然関係ない話題でもつながっているなぁ…っていうか、
チャンスは大切にしたいってすごく思った一日。
そしてステキな沢山の先輩に囲まれて、自分の環境と立場に幸せを感じた一日。
そんな一日だった。

by kaori-Ux_xU | 2006-04-20 03:44 | me