<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

肥満

最近、太った。
それもおばさん的太り方(爆)!!

美への関心がなくなり、
化粧をしなくなり、
服装にもこだわらなくなった今、
このままどこまでも太りそうな気がする。
そして「別にそうなったって、もとからブサイクだしモテないから、
今までとたいして変わらないし、そうなってもいいや…。」
とまで思ってしまっている自分もいる。


159cm・70kgなんて日も近い!?
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-31 15:06

老化

年をとるとともに
暗記が出来なくなってきました。
年をとるとともに
方向音痴になってきました。
年をとるとともに
女を平気で捨てるようになってきました。

そんな23歳。
やべっっっ!!!
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-30 23:57

選択の夏

心がどっちつかずで
いろいろ中途半端な今日この頃。
そのことによっていろんな人に迷惑をかけていて、
このあともいろんな人に迷惑をかけそうで、
とても申し訳ない…。

私が本当にいたい居場所は、
私が本当に一緒にいたい人たちは、
私の本当の思いは、
一体どこにあるのか?

それが問われる2006年、夏。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-30 17:05

言い訳

スランプだから…って片付けてしまえば簡単だけど、
それって言い訳にすぎないんだよね…。
ぬぁぁぁ…。。。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-29 14:28

廃人

5・6月はなんだかものすごく忙しかった気がするんですが、
最近わりと暇人です。
明日テストなのにね…なんなんだ、この余裕ぶっこきっぷりは!???
まああの頃はやたらめったらいろんなモノに手を出していたものの
今は一段落ついてるからね。
ホントはやらなきゃいかんコトもいろいろあるけれど
後回しにしちゃってる今日この頃。
いけませんなぁ…。。。
今日なんてダラダラしまくりだし…。。。
ひきこもりというか牛というか…うにゃー何もしたくないぞ(爆)!!
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-23 23:46

ぽんぷ

女を売りにする気は全くなくて軽蔑しているけれど、
実力で勝負するには中途半端すぎて…

なんかなぁ…難しいなぁ…。。。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-22 22:52

強がっていても…

たまに理由もなく切なくなる夜があります。

ま、独り身なんてそんなもんよね~w
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-19 22:26

テスト前半戦が終わり…

お久しぶりの更新。
第一次テスト&レポートラッシュが終わり、
心配していた本番も終わり、
本当はのんびりしてる場合じゃないんだけど
のんびりしちゃっている今日この頃です。

テスト前半戦はいろいろキレました(爆)!!
ホント理不尽なテストだらけで…。。。
情報ルームでいろんな人に愚痴をこぼし八つ当たりしちゃってゴメンナサイ…。。。
でもそのくらいムカつくテストばかりで…。。。
単位は確実に来るハズだけど、
なんかこんなので成績がつけられるのは納得がいかない…。。。

そうそう、マーケティングと文化の自由課題で
資生堂の化粧品 MAQuillAGEについて調べたんだけど、
これがなかなか面白かったので、皆様にもご紹介!!
長いけどね…



MAQuillAGEの成功に見る資生堂のマーケティング戦略

[MAQuillAGEについて]
発売:2005年8月
ターゲット:25~35歳
テーマ:本物・上質・成熟した美しさ
ブランドコンセプト:My Precious (私の大切なもの)
キャッチコピー:ビューティ・クライマックス はじまる

 資生堂は、これまで消費者の多様化に応えるため100を超えるブランドを発表してきたが、収益力の低下を招き、化粧品市場は頭打ちになっていた。2005年に社長が前田新造氏に代わり、この状況を打開するためにメガブランド構想を打ち出し、ブランド数を絞り込む戦略に方針転換を始めた。その第1弾として、いずれも同社の主力ブランドであるポイントメーキャップのブランドである『PN』とベースメーキャップのブランドである『Proudia』を統合して、新ブランド『MAQuillAGE』を立ち上げた。(ちなみに『TSUBAKI』はこのメガブランド構想の第4弾である。)『MAQuillAGE』とはフランス語でメーキャップ、化粧の意味である。
 MAQuillAGEは資生堂のブランドの中では当時過去最大規模の40億円の宣伝費を投じ、イメージモデルには女優の蛯原友里・篠原涼子・伊東美咲・栗山千明の4人を起用した。(ちなみにTSUBAKIは50億円の宣伝費を投じて、田中麗奈・上原多香子・竹内結子・仲間由紀恵・広末涼子・観月ありさの6人を起用し、CMソングにはSMAPの『Dear WOMAN』を使っている。さらに夏からは荒川静香ら6人がCMモデルとして追加された。) 実はMAQuillAGEのCMに登場する4人にはそれぞれキャラクター設定がある。蛯原友里は今を楽しみたい若い女の子の代表。花屋につとめていて、お天気キャスターを目指している。流行をおさえておきたいタイプできれいな色やきれいな服を好んでいる。篠原涼子はいろんな人生経験を積み、女の第2章を踏み始めている。今はフリーペーパー『tokyoite』のエディターとして忙しい日々を送っているが、忙しいことを言い訳にせずキレイになっている。モノを見る目ができていて、自分のセンスで選ぶこともできるが、周りが思っているほど強くもなく、弱さや迷いもある。伊東美咲は感情豊かでおおらかなウエディングプランナー。現在進行中の恋愛について多くを語らないが、幸せな結婚を夢見ている。自分を盛り上げるために、メークや服から気分を高めていくのが上手だ。栗山千明はタクシードライバー。自分の信念にとことん忠実な、まっすぐな人で、タクシーの内装もカスタマイズしている。メークやファッションにも独自のセオリーがある個性派である。MAQuillAGEのホームページでは4人のキャラクター紹介とともに4人の部屋が紹介されている。最近は女性のライフスタイルや価値観、趣味も多様化しているが、4人のキャラクターの異なるモデルを用いることによって、見る人がそれぞれのキャラクターに共感し、多くの女性の支持を得られたのだろう。
 また、MAQuillAGEのCMからもう一点注目すべき点は、舞台が東京であることだ。ブランド誕生の時に流れていたCMでは4人が隅田川で船に乗っていたり、栗山千明がタクシードライバーからメークをして変身して舞踏会へ駆けつけるCMでは舞踏会の会場が東京タワーだったり、篠原涼子の手がけているフリーペーパーが『tokyoite』だったりと、東京が舞台であることがアピールされている。これは、東京がニューヨークやパリなどと肩を並べられるだけの魅力ある都市であるということであり、「日本の女性は美しい」とアピールしているTSUBAKIとも共通している点だ。
 以上のような戦略でMAQuillAGEはメーキャップカテゴリーでトップシェアを獲得した。そしてMAQuillAGEでの成功がTSUBAKIのマーケティング戦略でもいかされ、TSUBAKIもシャンプー・リンスカテゴリーでトップシェアを獲得した。資生堂のメガブランド戦略から今後も目が離せない。



そうそう、私ってそもそもほとんどテレビを見ない人だから
どんなCMを取り上げるか困ったんだけど、
そんな時にYouTubeって使えるのね!!
今までYouTubeって友達がリンクを貼っている映像なら見たコトあったものの
YouTubeの楽しみ方がわからずにいたんだけど、
こんな活用の仕方があったとは…。。。
おかげで歴代のMAQuillAGEのCMをちゃんと見られました(笑)!!
いやぁ~、すごいわ、YouTube!!
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-18 11:24

レポート

ずっと書けずにいたレポートにようやく本腰を入れつつあるって感じなんだけど…

論点がぶれる
論理性に欠ける
裏づけが不十分
所詮本と授業の受け売り

ってな感じで進まない…。。。
あー、レポートって難しい…。。。
英語のテスト勉強もしなきゃいけないのに…。。。


外は野球の試合がうるさいよ…(苦笑)。。。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-09 16:17

絶体絶命のピンチ

さっき自転車に乗ってたらこけて、
左手の薬指を突き指してしもうた…。
サックスを吹こうにも指が思うように動かない…。
ラとシ♭とシとドとド♯とサイドキー系だけじゃ
曲吹けないよ…。

本番一週間前なのに…
ソロもあるのに…
今回にかけてるのに…

あ~、もうこれはおわったかもしれない…(T_T)
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-07-07 15:45