2人が投げかけてくれたボール

中高6年間をすごしたえりぃとずえと共に、
Uっちの個展を見に、中高6年間通ったあの街へ行ってきた。



なんかね…今の感情を言葉でまとめきるコトは出来ないんだけど、
彼女のクセのある文字、独特のイラスト、ちょっとシュールな文を見たら、
私が知らない所で活躍している他のFっ子と同じように
彼女もどこで何をしているのかはわからなくても
同じようにどこかで何かをしているような気が急にしてきて、
なんだか彼女がものすごく近くにいるような感じがしてきて…。。。
やっぱり彼女もこの街で4年間ではなく6年間、一緒にすごしてきた
大切な仲間の一人なんだよな、って…。。。

今彼女がいる世界っていうのは私たちにはわからない世界だけど、
Uっちみたいに、そしてヌーみたいに思い続ければ、
距離も次元も空間も…もしかしたらそんなモノはものすごく陳腐なモノかもしれなくて、
すべてを超えてメッセージは伝わるんじゃないかな、って…。。。
別に宗教も哲学も関係ない。
最後は1対1の思いのつながりなのかな?って…。。。


Uっちに「一番大切な人へのメッセージを書いて欲しい」って頼まれて
その場でも考えてみたんだけど
まず“一番大切な人”っていう対象が思いつかないし
何を伝えたいのかも思いつかなくて、
その間に私の中では
私は本当はいろんな人に支えられて今まで生きてきているのに
誰に対しても感謝だとかありがたみだとかを感じずに
その場の感情だけで日々すごしていて、
いろんな人の思いを踏みにじり、裏切り、
一時は築き上げた人間関係を幾度となく壊し、
いろんな人から逃げるように生き…私ってなんて最低なんだろう?
そして嫌悪感を抱きつつもそんな自分を改めようとしない私って
一体何様なんだろう?って思いばかりが駆け巡って…。。。
こんな最低な私でも、大切に思ってくれている人たちって
なんで私なんかを受け入れてくれているんだろう?とかいろいろ考え出したら
訳がわからなくなってきて…。。。

はぁ…私ってホント、最低だ…。。。
そしてまた考えるコトから逃げてこんな言葉で片付けようとしているし…。。。



あの出来事から6年半が経ち、
それぞれに6年半の時がすぎた。

私の6年半。
Uっちの6年半。
えりぃの6年半。
ずえの6年半。

and so on…...

そして、
彼女の6年半。


さっきUっちのブログをさーっとタイムマシーンで戻るように流し読みしていったら、
今日Uっちの説明とともにヌーや作品たちふれたコトによって
Uっちのその時々の思いが今更ながら初めてわかったりして…。。。
6年半、様々な葛藤と戦いつつ、ずっと彼女に向き合ってきたんだなぁ、って。
そしてUっちは“成長した”って言葉で片付けちゃうのはなんかイヤなんだけど、
なんていうのかな…ぐっと深みのある人間になったなぁ…って。



個展を見に行った後、えりぃ・ずえといろんな話をしたけれど、
えりぃもずえも、Uっちとベクトルは全然違うけれど、
やっぱりそれぞれに成長していて…。。。



私だけ取り残されているような気分というか…。。。
私も6年半の間にいろんなコトがあったけれど、
常にいろんなモノから逃げてきただけで、
私は何者に対しても向き合って来なかったなぁ…って…。
恥ずかしいコトに「考えるコトが私のアイデンティティ」って感じのコトを
このブログに書いたコトもあったけれど、
実際には何も考えてないし、何も知らないし、何も見つめようとしていないし…。。。
そして、今もまた一つ、目の前のモノから逃げかねない状況で…。。。



d0016908_2179.jpg何も考えずに直感的に買ったヌーバッジだったけれど、
それでも今の私らしいモノはこれしかないと思ったので
サックスのケースのストラップにつけるコトにしました。



私ももっと真剣に
後戻りの出来ない道を進まないとね…。。。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-08-28 01:59

女子校出身だと…

同窓会=あんな奴がカッコよくなってる!???みたいなドキドキは
ありえないですねw さみしいもんです…。。。
う~ん、そういうシチュエーションがありえる共学校出身者が
ちょっとだけうらやましいぞぃ!!!!!


まあそんなコトは関係なく私は同窓会には行かない人ですが…(爆)。。。


でも今日は思わぬ形であの頃へタイムスリップするコトになりそうです。
あまり思い出したくない出来事が多い6年間だけど、
一緒にすごした大切な友達の足跡を私も見たいから…。。。
そしてずっと避けていた6年半前のあのコトにも
向き合わなくてはならない。
あの時、私はなぜ何も出来なかったのか?
彼女に対して何も出来なかったのもさることながら、
なぜ彼女のまわりのみんなとともに考えるコトが出来なかったのか?

私がどうしても会いたい人って誰なんだろう?
今の私らしい何かって何なんだろうね…?


巣立ってから4年半。
私はあの頃とは全然違う私になってしまったけれど、
それは本当に成長なのかな?
悪い人になっていなければいいのだけれど…。。。


ちょっとの不安とちょっとのおびえとちょっとの期待が入り混じる朝。



それにしてもなんでこんな朝早くからブログを書いているんだ、自分!???
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-08-27 06:32

継続は力なり

あ~、なんかブログの記事を書くのが久しぶりすぎて
何をどう書けばいいかわからないや…。
見ている人もいるハズだけど
この記事よりも前にも3回くらいブログを更新したコトがあって、
でもなんとなくその記事を削除して…ってコトが続いていて…。。。
やっぱり文章を書くコトも続けていないとダメだね。。。
すぐ文章力が落ちる。
今は夏休み中で全然勉強していないから
特に英語なんて全然わからなくなっている予感…。。。

そして力が落ちているのはそれだけじゃない…。。。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-08-25 02:57

必要条件

23歳なのに大学生って立場はとても無力。
自分で何も生み出せないから…。

私が音楽をやっているのって
結局現実逃避なんだよな…って思う。
もちろん音楽の世界には音楽の世界の現実があって、
その現実を前に今の私は厳しい立場に立たされているけれど、
それでもそのコトはまだ自分で変えられる要素があるからマシ。
自分が頑張れば何とかなるかもしれないし、
何もしなかったらそこでおわり。
本当につらいのは自分で変えられない問題。

結局信じられる力を持つものはお金だけ。
お金がすべてと言い切りたくはないし、
お金がすべてを解決出来るとは思わないけれど、
お金がなかったら何も出来ない。
お金は十分条件ではないけれど必要条件。
お金がなかったらモノを言うことすら出来ない。
愛なんて必要条件でも十分条件でもない。
愛なんて私にはやっぱり信じることが出来ない。

別に大学なんてテキトーにこなせば卒業資格を得ることは出来るんだから
最大限にお金を稼ごうとすることも出来るんだけど、
それでもお金を稼ぐことから逃げて音楽をしている私は
現実から逃げているだけなんだよね…。
合宿なんて現実から逃げられる一番の手段だし…。

10日からまた合宿なんだけど、
合宿から帰ってきた時にどうなっているかが一番こわい。

こんなコトを考えている娘だけど、
私がこんなコトを考えているだなんて親が知ったら、
親は本当に不幸だよな…。。。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-08-06 20:06

住めば都!?

やる前はこの世から消えたいと思うほど憂鬱なコトも
大抵は動きだせさえすれば
意外と大丈夫だったりするんだよね…。

そんなコトを思った一日…。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2006-08-02 21:34