新・座右の銘

「行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、
 行動のないところに幸福は生まれない。」


19世紀後半のイギリスの政治家で、小説家としても活躍した
ベンジャミン・ディズレーリって人の言葉らしいんだけど、
この言葉、すごいわ~。
新たに座右の銘に加えたくなった名言。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2007-02-23 23:05 | word

逃げマン

動いていた時は慣性で動き続けていられたけれど、
一旦止まってしまった状態から動き出すには
莫大なエネルギーと何かしらのきっかけがないと動けない。


うーむ、今まで2ヶ月以上逃げていたんだけど、
もう一度向き合えるだけの気力はあるのか…?
1年8ヶ月かけて積み上げてきたものを一気に失った2ヶ月。
代償はデカイなぁ…。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2007-02-20 11:05

蛍光灯がいやだ

昨日は学部広報誌の編集ミーティングで午後から学校に行ったら
頭も神経もすごく使ったからか疲れてしまい、
家に帰ってごはんを食べて、ベッドに座って読み物を読んでいたら、
電気をつけっぱなしで眠ってしまった。
で、深夜3時半くらいに一度目覚めたんだけど、
蛍光灯がつけっぱなしだと眠ってるはずなのに神経は高ぶっていて
精神的には疲れたままなんだよね…。
今日ほど「蛍光灯がいやだ」と思ったことは未だかつてなかった。
やっぱり人間、昼間は自然の燦々とした太陽の光の中で活動し、
夜は漆黒の闇夜の中で休息することを本能的には望んでいるらしい。
今まで昼夜逆転の日々だっただけに反省ですわ…。
というわけで蛍光灯がいやなので、今もデスクライトをつけずに
パソコンをうってます(笑)。ますます目が悪くなりそう…。。。
間接照明でも使えばいいのかもしれないけれど
センスもお金もないからなぁ…。


話は戻って、昨日は学部広報誌の編集ミーティングだったんだけど、
編集部の学生スタッフの中で、2人「すごいなぁ~」って思っている人がいるんです。
その2人は情景が目に浮かぶような文章を書くのがすごくうまくて、
私にはそういう文って書けないよなぁ~って。
たぶんその2人は、本人に直接聞いたわけじゃないけれど、
沢山小説を読んでいるから自然とそういう文章が書けるんだと思う。
まあ実際にそのうちの1人は沢山本を読んでいるらしいけれど。もう1人はわからん。
で、インタビュー記事なんかだと特にその2人の場合持ち味がいかされて、
インタビュー対象の人の人柄がいきいきと浮かび上がってくるんだよね。
逆に私なんかはわりと淡々と事実を伝えるタイプの記事を書く人というか
そういう文章しか書けない人だから、レポート記事や
インタビューの中でも人柄ではなく活動内容を伝えるのに重きを置くタイプのものを
選んで書いてきたって部分もあるんだけど。
う~ん、それって食わず嫌いをして
自分の可能性の幅を狭めちゃっているのかなぁ…?
でも実際他の記事の担当との兼ね合いの都合上、
なぜか私には先生へのインタビューのような
人柄を伝えるタイプのインタビューが回ってこないのも事実なんだけど…。
次号こそつながりのある先生だからインタビューをやっても…と思ったものの、
結局今回からの続投でほぼ担当記事が決まっちゃってるし…。
(しかもまた重い取材だよ…。どうする、私!?)


さて、今日は履歴書を送ったっきりなかなか連絡が来なかったけれど
忘れかけていた頃に連絡がやってきた某人材コンサル系のバイト面接。
大学で学んでいることに役立つかなぁっていうやや邪な理由で
その人材コンサル系企業には応募してみたんだけど、
実は実際私って人材系ではあまり働きたくないって思ってるし
自分は人材系には向いてないだろうなぁって思っちゃってるんです。
これも食わず嫌いなのかもしれないけれど。
そういう新しめの組織でクリエイティブにバリバリみたいなのって
なんとなくひいちゃうというか、
たぶん古めのしっかりした組織の方が私はしっくり安心するような気が
なんとなくするんだよね…。
まあ旧来型のしがらみだらけに息苦しさを感じるかもしれないけれど。
あと、BtoBのビジネスよりもBtoCのビジネスの方が興味があるし。
BtoBって仕事の形が見えにくいじゃん。
今までCの立場にしかほとんどいなかったからそう感じるのかもしれないけれど。

とはいえせっかく面接までこぎつけたことだし、
今は目の前のことに向けて出来ることをやらなきゃだけどね。
付け焼刃だけど人材コンサルとはいえ何やってるのかよくわからないし
ホームページでも見て研究しないと。
今日はスーツ着て某オフィス街で(エセ)就活生してきますよ(笑)!
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2007-02-16 09:04

後悔だらけの春休み

どうにもこうにも実のない日々を送っている今日この頃。
完全昼夜逆転、毎日パソコンに貼り付いているばかり、
肝心な簿記の勉強も、ツンドクになっている本の山の退治も、
自己分析も、個人的にやろうとしていたハズの研究も、全然進んでいない。
そして一番うまくいっていないのはバイト探し。

3月はインターンがあるから暇な2月のうちにがっつり稼いで…と思っていたのに
そんな計画はどこへやら、全然稼げていないのです。
というのもそもそもバイトが決まらなくて…。
3年生になったら否が応でもほとんど大学は夕方~夜だし、
接客以外の仕事もしたいし、せっかくなら将来につながりそうなことをしたいし…
なんて思って事務系のバイトを探しているんだけど、
なかなかいい条件のバイトが見つからないし、
見つかっても選考に時間がかかる上に落ちるしで、もう踏んだり蹴ったり。
今までもその繰り返しで、結局いつまでもバイトが決まらないのがイヤになって
妥協して接客業を選んだことはあったんだけど、
なんせ今回ばかりはもう就活まで1年を切った2年生の終わりってコトもあって
長期でじっくり働くには最後のチャンスだと思うので
妥協したくないし、妥協するワケにはいかないんだよね…。
なんだけどなぁ…そうこうしているうちにインターンの時期が迫ってくるし、
インターンが終わったら春休みが終わっちゃうよ…。。。
(でもそのインターンも詳しい日程がまだわからない!!ぬぅぅぅ!!!)
あ~、せっかくの2年生の春休みなのに遊べないし稼げないし何も出来ないしで
終わっちゃうのかなぁ…?
まだ1ヶ月半以上も春休みは残っているハズなのに
既に後悔だらけの春休みで終わってしまう気がしてしょうがないです。



なんか最近、いろいろ怖いんだよね。
自分だけいろんな人から取り残されて置いていかれているような気がしちゃって。
完全に自分の軸足を見失っちゃってるし、考えることから逃げちゃってるんだ…。

さっきとある就労支援関係者の方のブログで
ヤングジョブスポットが厚生労働省の方針で閉所することになったことを知って、
居場所としてのYJSのニーズは絶対にあるし、なくしちゃいけない居場所だと思うから、
国の補助がなくてもそういう居場所を維持していって欲しいし、
そういうことを考えている就労支援関係者の考えには共感できるって思ったけれど、
だからといってそれに関わりたいとは思えない自分に気づいて、
私の関心って一体どこにあるんだろう?って思った。
今の大学に入る前はフリーターとかニートとかに関心があって、
1年生の頃なんかはYJSにもお世話になったし
就労支援に携わるいろんな方の話を伺ったり本を読んだりもしていたハズで、
ゼミに入る志望理由書にもそんなコトを書いたハズだったんだけど、
もしかしたらもう私はそういうテーマには興味がないのかも、
ただ単に物見遊山的に興味があっただけで
その問題に対してどうするべきか真剣に考えアプローチする気は
ないんじゃないか、って気がしてきた。
だとしたらなんて薄情な奴なんだろうね、私。

ゼミでも、最初なのにマネージばっかりやっていて、
それはそれで勉強になるしやりがいもあるんだけど、
マネージの観点からしか考えることが出来ていなくて、
プレーヤー的視点を完全に見失ってしまっている。
私が本当に知りたいことって何なんだろう?考えたいことって何なんだろう?
私はこのゼミでどうしたいんだろう?このゼミで本当によかったのかな?

でも、私って甘えられないんだよね…。
他の人に迷惑かけたくないし、負担を重くさせたくないから、
自分で背負い込んじゃう。
まあなんとか背負い込んだものはこなすから
なんか「こいつは出来る!」みたいに思われちゃうらしいけれど、
精神的にはそれなりに削られてるんだよ…みたいな…(苦笑)。。。
今就活中で大変な3年生の先輩とか前のサークルの人とか先生とか
いろんな人が見てるってコトを意識しちゃうと
あまりこういう弱音というか鬱っぽい話を書けないって思っちゃって
ますます自分の中にためこんじゃうんだけど、
メールや電話で誰かに愚痴ったり相談したりすることも出来ないし、
私が弱音を吐けるのは結局ココしかないから
ココに吐き出しちゃってもいいよね…?
なんてココだけで甘えてみるバレンタインデーの明け方。
もちろん今年もチョコを贈る相手はいましぇーん(涙)!!
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2007-02-14 05:51 | me

飛ばねぇ豚は、ただの豚

そんな感じの今日この頃です。
私は結局、逃げているだけなんだよね…。。。


あ、別に『紅の豚』を見たワケじゃないですよ。
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2007-02-11 03:00

ワーカホリック!?

春休みが始まってから早10日。
なのに全く春休みって気がしません。
確かに授業はないし、大学へ毎日行っているわけではないし、
朝も勝手な時間に起きて生活してるし、
手帳を見ると予定はスカスカなハズなんだけど、
やってることや考えてることは学部広報誌のことやゼミ合宿のことなど
学校絡みのことばかりで、
休みなのに学校から解放されてないんだよね…。。。
おまけに前まではサークルというかなり大きい存在があったのに、
今はそれがない。
だからホントに学校ばかり。
こういうのが悪化するとワーカホリックみたいになるのかな?
だとしたらうちの学部はそんな人が多い!?

昨日は学部の学生研究発表会で学校へ行ってきた。
3・4年生のゼミ発表や卒論発表が中心だったんだけど、
私は学部広報誌の取材と運営のお手伝いで。
もちろんゼミの先輩の発表や他の発表、ポスター展示も見てきたんだけど、
なんかこれからが怖くなった。
私、こんな研究が出来るかなぁ?って。
すごい人やものを見た時って「うわぁー、自分も頑張ろう!」って
モチベーションが上がるのが普通だと思うんだけど、
私ってその逆ですごい人やものを見ると「うわぁー、私には無理だ…」って
怖気づいちゃうんだよね…。。。
そういうところが根本的にマイナス思考な人間だなぁーって。

まだ細かい部分は全然詰めていないんだけど、
ホントはこれから個人的に取り組んでみようかと思ってる研究テーマがあって、
それのための準備も発表会の場で出来ればと思っていたんだけど、
結局何も出来なかったし、それに対するモチベーションも下がってしまった。
やっぱり私には無理だ…って。

そして今日も、ゼミ合宿の準備で参考資料のビデオを見たり、連絡をとったり、
学部広報誌の記事を書いたり…。


土曜日に乗る電車、でも行き先はTK大ではなく自分の大学。
昨日の朝、ふとそんなコトに気づいたら、なんだかさみしくなった。
学バンがちょっと恋しいかも?
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2007-02-05 00:11