<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初任給

d0016908_8165172.jpg

ありがたいことに、
全然仕事らしい仕事をしていない私も
お給料をいただけました!
ま、4月15日までの半月分なんだけど。


というワケで、初任給祝いで
家族へキルフェボンのタルト!
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2009-04-25 08:16

社会人C年

入社からあっという間に半月。
とりあえず私は元気です。

社会人になって何が変わったかって、家であまりパソコンを開かなくなった(笑)!
もちろん研修期間の時点ではパソコンは支給されていなかったから
会社でもパソコンはさわっていなかったんだけど。
ネットジャンキーだったのに、パソコンを開くのは2日に1回~週に2回程度に激減。
おかげでココもずっと更新していなくて(というか見ていなくて)ゴメンナサイ。
mixiも中毒気味だったのに、最近は電車の中でケータイから見る程度だもんなぁ…。。。

あと、睡眠時間が長くなった(笑)!
肉体的にはそんなに疲れていないハズなのに、
なぜか10時とか11時とかには眠くなるんだよね…。
休日も寝てばっかりだし。



まあそんなワケで、2週間の新入社員研修は、
ときどきウトウトしつつも(爆)、わりと平和に過ぎ去り、
昨日(というか日付が変わったので一昨日)は運命の配属発表、そして即配属先へ。
勤務地は希望通り家から1時間で通える所だったのでよかったんですが、
配属先の部署が…



いやぁ…、重い!重すぎる!!!



とりあえず着いて最初に渡された書類を見て思ったのは、
漢字ばっかり!!!
見る言葉すべてこれまでの私には全く縁のない言葉ばかりでちんぷんかんぷん!
上司から仕事内容について説明されたもののイメージはわかず。
先輩から本を借りて読んでみても、全く頭に入らず…。。。

会社の中枢ともいうべきあまりにも責任重大な部署な上に、
これまで勉強して来なかった、というか食わず嫌い的に避けていた分野なので、
もはや不安MAX状態での配属初日だったワケです。

とはいえ、一夜明けて今日は休日なので
改めて落ち着いて先輩から借りた本で勉強してみたら、
まあ一つ一つちゃんとやっていけば何とかなるのかな、という感じはしたので
よかったんだけど…。。。
当分お勉強の日々になりそうです…。。。



で、お勉強しつつも天気がよかったので
気分転換も兼ねてかなり久しぶりに川へサックスを吹きに行ってきた。
春休みも結局全然バンドがなかったもんだから全然吹いていなくて
本当に一体何ヶ月ぶりなのやらって感じだったんだけど、
そしたらあまりにも吹けなくなっていて、
ロングトーンをしようにもまともに音が出ないし、
拍数分ちゃんと息を支えられないし、
音頭も音きりも全くあわないし、
スケールも指が全然動かないし、
タンギングも出来なくなってるし、
ピッチが不安定かつ悪すぎで吹いていても気持ち悪いし…
と挙げ出すとキリがないほど悲惨な状態になっていてショックだった。。。
C年の前半よりも下手なんじゃないかってくらい下手なんだけど、
耳と音楽に関する経験値はC年の時より確実によくなっているから
当時だったら気づいていなかった悪い部分が自分でも嫌というほどわかって
悔しいんだよね…。。。
(C年の時は何がダメなのか自分で全然わかってなかったなぁ…。)
まあ引退してから1年以上まともに吹いていなかったから仕方ないんだけど。
あー、自己紹介でさんざん「大学時代はバンドでサックスを吹いていました」って言っちゃったけど、
サックスやってたなんて言わなきゃよかった…。。。
もはや「サックス吹けます」なんて言えるレベルじゃない…。。。

でも、1時間半ほど吹いて、楽器を片付けていたら、
C年の頃のことをいろいろ思い出した。
当時の○スガラのReg.・D年のサックスの先輩から
初心者でわからないことだらけの私は、本当にいろんなコトを教わったなぁ…。
基礎練の仕方を教わったり、腹式呼吸の仕方を教わったり、
ピッチをよくするにはどうすればいいか教わったり、
マンツーマンで先輩と基礎練したり、曲練したり、
ソロの作り方を教わったり…。
講堂前で、講堂裏で、デッキで、沢山の音に囲まれながら練習していた日々が、
合宿でブヨにおびえながら森の中で吹いていた時が、
鮮明に頭の中で蘇ってきた。
初心者で、全然楽器が吹けない私だったけれど、
決して自分からはあまり先輩に質問しにいくタイプではなかったけれど、
本当に先輩からはいろんなことを教わったし、
出来が悪い後輩なのに懇切に指導していただいたなぁ…。
それだけお世話になったのに、○スガラでは全く音楽で恩返しが出来なかったし、
今のこの有様じゃ本当に情けない限りなんだけど…。。。


でも、そうやって沢山教わりながらどうやってサックスを吹けばいいのかを
自分なりに体得していったように、
これから私は一歩一歩仕事を覚えていくんだろうなぁ…。


今、もう一度サックスと向き合わなかったら、
きっと私はこのまま一生サックスを吹くことはなく、
高かった楽器が宝の持ち腐れになってしまうだろうし、
それはあまりにも勿体ないから、
これからはちょこちょこ練習することにしよう。
まあどうせ平日休みもあるからなかなか他の人と予定があわないだろうし、
しばらくは勉強しなきゃいけないから、息抜き程度にね…。。。


なんかサックス吹いたら、明日からも緊張と不安の日々だけど、頑張ろうって思えた。
うん、あたしは頑張る!
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2009-04-16 01:26

社会人前夜

今日は4月1日。
社会人としての一歩を踏み出す入社式の日。



…と言いたいところですが、
今朝突然、「あなたを入社させられない状況になりました。しばらくは自宅待機で!」
って会社から電話がかかってきたので、
今日は会社に行きませんでした。




…というのはもちろん、エイプリルフールのウソですが、(↑本当だったらおそろしすぎる!)
今日会社に行かなかったという部分だけは本当で、
うちの会社は明日が入社式なのです。



というワケで、
明日から私は、
長い長い社会人生活の
“はじめの一歩”を踏み出すワケです。



卒業式からもう1週間経ったけれど
全然卒業した実感がわかなくて、
このままダラダラで入社しちゃうのもなぁ…と思ったので、
なんとか気分を変えるために
学生でも会社員でもないたった1日の貴重なモラトリアムである今日を使って
ベタだけど美容院に行って髪を切ってきました。
バッサリ!ってほどは短くしていないけれど、
とれかけのデジタルパーマでボサボサになっていた部分は切り落としてだいぶ軽くなったし、
友達からは「これくらいの茶髪なら大丈夫だよ」って言われたけれどそれでも黒く染め直したし、
学生時代の髪とは別れて、心機一転出来たかな!?
やっと新しい一歩を踏み出すんだって実感がわいてきました。



社会に出るにあたって
不安と期待のどちらが大きいか?って聞かれたとしても、
正直なところ、実はどちらもそんなにないんです。
勤務地にしても部署にしても休日にしても
何かと不確定要素が多いもんだから、
不確定要素がどうなるか次第でだいぶ状況が変わるだろうし、
入社後のことがあまり想像がつかないんです。
わからないことだらけだから不安にもならないし、
期待もしようがない。
不確実で想像がつかないことばかりを考えていてもしょうがないし、
そんなことを考えても何も変わらないから、
会社に入ってからのことは考えないようにしていました。
ま、入ってみなきゃわからないし、
入ってみれば何とかなるというか何とかするだろう、と
極めて楽観的な観測で今日まですごしてきました。



でも、そういう風に思えるようになったのが、
私にとっては大学生活4年間を経た一番の変化なんだろうなぁ~。
昔の私だったら、「考えない」とか「何とかするだろう」とか
絶対に無理だったと思う。
ガチガチに自分のやること、もっと大きな枠で言えば人生設計を考えに考え、
そこから1mmもずれないようにしようとしていたし、
ずれることが怖かったし。
専門用語を使うと、4年間で“ドリフト”が出来るようになった。
そして、なぜドリフトが出来るようになったのかと言えば、
ドリフトしても何とか軌道修正することが出来る自信が身についたからなんだと思う。



卒業式の後のパーティーで、
1年生の頃からお世話になり、私のことをよく知っているけれど、
この1年は在外研究に行っていたので疎遠になっていた先生に1年ぶりにお会いしたら、
「あなた、この1年で随分明るくなったよね?」って言われた(笑)。
「もともとあなたは素質としてはいいものを持っているから
ちょっとしたきっかけさえつかめれば立ち直れるのであって、
歯車が狂っていただけなのよ」って
その先生だけでなく、
一番素直にいろんなことを相談出来たキャリアアドバイザーさんにも言われた。
偶然とは言え、私のことをよく知る2人の大人に同じことを言われたってことは、
そういうことなんだろうなぁ…。
なんかうれしかった。



知らず知らずのうちに自分の中で積もっていたものが限界を迎え、
歯車が壊れた17歳の時から
今まで長かったしつらかった。
惰性で時が過ぎていただけで、生きてはいなかった。



明確に何かブレイクスルーがあったってワケじゃない。
でも、私は本当にラッキーだった。
キャリアデザイン学部という居場所を見つけて、
入ることが出来、
世界で一番大嫌いでしょうがなかった自分に
ちょっとだけ自信を持てるようになれた。



今でも自分のキライな部分なんて挙げ出したらキリはないよ。
でも、「何とかするしかない」って思えるようになった。
克服しようとしたり、妥協したり、嫌でもそれなりに受け入れようとしたり…
「何とかなる」じゃなくて「何とかする」!
自分の人生は、自分で何とかするしかないんだもん。
覚悟が出来るようになった、ってことなのかな、自分の人生に対して。





そんなワケで、私はまだまだな人間ではあるけれど、
遠回りをして、やっとこさ社会に一歩を踏み出せるだけの人間になれました。
それだけの人間になれるまで辛抱強く育て、支えてくれた家族に、
何かをつかむことができた大学生活、および私の大学生活に関わったすべての方々に感謝!
ありがとう!









それでは、
新しい世界へ

行ってきます!!!
[PR]

by kaori-Ux_xU | 2009-04-01 23:39